経鼻内視鏡ブログ

2012年1月21日 土曜日

胃内視鏡検査でアニサキス条虫を発見摘除!

「アニサキス条虫症」とは、魚介類に寄生している「アニサキス」という寄生虫の幼虫を生で食べてしまった時に、その幼虫が人の胃壁や腸壁に食い込み、激しい腹痛(胃痛)が起きるという病気です。
普通に見かける胃炎や胃潰瘍の痛みと区別は不可能ですから、症状が上記のようなら、診断には胃カメラ(胃内視鏡検査)が必須です。


今回遭遇したのは「アニサキス・シンプレックス」
白色半透明、魚の体内で渦巻状をしています。


もちろん発見即摘除の運びとなり、患者さんの胃痛は速やかに改善しました。


投稿者 医療法人社団LYC ららぽーと横浜クリニック