ホーム > 特殊光による胃内視鏡診断

特殊光による胃内視鏡診断

最新技術のご案内

ハイビジョン内視鏡ユニット(Evis Lucera Elite)では、特殊光による内視鏡診断が可能です。 これは大腸内視鏡検査を行う際に、特殊光によって粘膜の微小な血管や腫瘍の模様を強調してより詳しく観察する検査方法です。
最新鋭の蛍光内視鏡を使用すれば、病変が異なる色調で表示されますので、小さな病変でも見落とさずに発見することができます。

狭帯光域観察(NBI : narrow band imaging)とは

特殊光
毛細血管が集まっている領域を、強調表示させることができる光学的な画像強調技術です。
NBIを使用するとポリープ表面の血管が茶色にはっきりと表示されるので、表面模様が格段に見やすくなり、そのポリープが腺腫なのかがんなのかが、はっきり判断できます。
特殊光
通常観察
通常観察ではほぼ異常なく見える


特殊光
NBI
NBI観察では茶色の領域として早期食道癌が浮かび上がってくる

特殊光
通常観察
通常観察では粘膜がやや盛り上がっているだけのように見える
特殊光
NBI
同部位をNBI観察すると表面模様の乱れまで確認でき、胃癌と診断できる

蛍光観察(AFI : Auto Fluorescence Imaging)とは

特殊な青い光を上皮下層に放射し、反射した自家蛍光を観察する技術です。これまでの胃内視鏡では発見・診断が難しい早期の腫瘍性病変をAFIでは、蛍光の強度や色調の違いとして表示しますので、発見がしやすくなるのです。

正常粘膜
正常粘膜
肥大粘膜
肥厚粘膜

 
特殊光
通常観察
通常観察ではやや白の部分がある

 
特殊光
AFI
AFI観察では茶色からややピンクの部分として
胃がんの範囲が浮かび上がってくる
 

 

高水準で緻密な胃内視鏡検査

さらに、高解像度の最新型拡大内視鏡と特殊な色素や試薬を併せて用いれば、微細な病変も見逃さない、より高水準で緻密な胃内視鏡検査が期待できます。

通常観察
通常観察
通常観察で委縮性胃炎を認める

 
特殊観察
特殊観察
インジゴカルミン色素染色で凹凸のある腸上皮化生(よりがんになりやすい)がより鮮明に確認できる

 
特殊光
通常観察
通常観察ではほぼ異常なく見える

 
特殊光
特殊観察
ヨード色素染色によって食道がんが不染色(白色部分)として浮かびあがってくる
 

 

↓↓胃に関する情報満載のブログを更新中です!↓↓