ホーム > 他の胃の検査法との違い

他の胃の検査法との違い

胃の精密検査法の比較(胃内視鏡検査 vs.胃透視検査)

胃の検査
胃の精密検査法には、胃内視鏡検査と胃透視検査があります。従来の口からの胃内視鏡検査は嘔吐反射のためにつらい検査となることが多く、レントゲン技師だけでも容易に行えるバリウム検査が胃の検診や精密検査の主役でした。

しかし経鼻内視鏡の登場によって胃カメラはつらい検査ではなくなったため、胃の検診や精密検査は内視鏡が最善の選択肢になりました。検診での胃透視検査は、将来的に、ほぼ行われなくなるといわれています。
バリウム検査のメリット
  • ほとんどの病院で受けることができる。
  • レントゲン技師が検査することが可能なので、より数多くの患者さんに検査を行える。
  • 低コストで行える。
 バリウム検査のデメリット
  • 比較的精度が低く、小さな病気や平坦な病気は診断できない。
  • 放射線被曝があるので、若い女性には不向き。
  • 検査中に体をいろいろな向きに動かす必要があるので、高齢者では大変。
  • 空気をたくさん胃の中に送り込むので、検査中に胃が張って苦しい。
  • バリウムを使うので、検査後の排便が大変。
  • いわば「影絵」で診断するため、凹凸病変と正常なひだとの見分けがつきにくく、結局胃内視鏡検査が必要となることも。
  • 病変が疑われたら、結局は胃内視鏡検査が必要となる。

胃内視鏡検査のメリット
  • 胃粘膜をじかに観察できるので精度が比較的高い。
  • 病変があったらその場で組織を採取できる。
  • 放射線被爆がない。
  • 寝ているだけで終わるので胃透視検査より楽。
  • バリウムを使用しないため、検査後の排便も楽。
 胃内視鏡検査のデメリット
  • 従来の口からの胃内視鏡検査の場合は、嘔吐反射でつらいことがある。
  • 高度な技術が必要とされる検査なので、上手な医師でないと苦しい検査になる。
両者を比べると、胃内視鏡検査の方が圧倒的に有利な検査であることが分かると思います。ただし従来の胃内視鏡検査では嘔吐反射でつらい検査となることがあるため、経鼻内視鏡検査がお勧めですが、経鼻内視鏡検査に習熟している医師は少ないのが現状です。

その他の胃の検査法

胃の検査
その他の胃の検査法、従来の会社の検診で行われているのは、採血によるペプシノゲン検査です。
血液中のペプシノゲンの割合を調べると、胃粘膜の萎縮の程度、胃粘膜の炎症の有無、胃の分泌機能が分かります。
胃粘膜の萎縮は胃がんにつながりますので、間接的にではありますが、胃がんの検査といえます。ところが、このペプシノゲン検査には、粘膜の萎縮と関係なく発症する胃がんや、バリウム検査では容易に診断できる進行胃がんが逆に見逃されるという大きな欠点があります。
また、採血での腫瘍マーカー値(CEA,CA19-9)は、胃がんがかなり進行しないと異常値にならないため、がんの予防・早期発見の手段としては不適当です。

陽電子を用いたPET検査は、患者さんにとって楽な検査ですが、精度が高くなく、癌がなくてもひっかかることもあります。早期の病変を正確に見つけることはできません。

結論的には経鼻内視鏡検査が最善

このように他の検査と比較すると、胃内視鏡検査、特に経鼻内視鏡検査がいかに最善の検査法であるかが分かります。
胃内視鏡検査は「直接胃の粘膜を見る」方法なので、発見の難しい微細な病変も発見でき、同時に組織検査もできるため、確実な診断が可能です。
また、経鼻内視鏡検査に習熟した医師の技術によって、非常に楽な検査を受けることができます。

↓↓胃に関する情報満載のブログを更新中です!↓↓