経鼻内視鏡検査の流れ

内視鏡検査の流れ ~初診から検査後の説明まで~

①検査前日

常用薬は基本的には服用しても問題ありません(種類によっては休薬が必要なものもありますので、予約時にご相談下さい)。
普段と同じように生活し、夕食は夜9時までに軽めに済ませます。
それ以降は、水、お茶、スポーツドリンク以外の飲食は禁止です。体調を整えるためにも、早く就寝することを心がけます。

矢印
②検査当日の朝

喘息、高血圧、不整脈の薬は普段どおり服用して差し支えありません。それ以外の薬については前もって医師に相談してください。また、当日の朝食はもちろんのこと、検査が終わるまでは、水、お茶、スポーツドリンク以外の飲食は全て禁止です。喫煙も控えて下さい。

矢印
③来院・受付
受け付け

検査時に鎮静剤を使用することがあるので、検査直後は車の運転ができません。
そのため、ご自身で車を運転しての来院は控えて下さい。
検査予約時間の30分前までに来院し、受付に診察券と検査の同意書を提出します。

矢印
④検査
受け付け

胃の中の泡を除去してきれいにするため、コップ半分ほどの消泡剤(液体)を飲みます。
鼻の奥に麻酔をし、少し時間を置き、鼻の表面麻酔が効いてきたらベッドに横向きに寝て検査を始めます。
先端にカメラのついた細いチューブを鼻から挿入し、食道や胃、十二指腸をしっかりと観察します。
検査時間は5~10分程度です。
もし、異常な発赤(炎症)や盛り上がりなど、がんを疑う病変や潰瘍があれば、先端から処置具を出して組織を採取します。
検査の後は、10~30分ほどリカバリー室で休みます。

矢印
⑤検査結果の説明
受け付け

診察室に移動し、撮った画像を見ながら医師の説明を受けます。異常がなければ、1年後を目安として次回の健診を受けます。

なかでも慢性胃炎がある場合は、注意深く経過観察を続ける必要があります。組織を採取した場合には、10日後くらいに結果を聞くために再度受診します。飲食は1時間後から、生検を受けた場合には2時間後から可能ですが、なるべく消化の良いものを摂ります。当日の飲酒や運動は控えましょう。

↓↓胃に関する情報満載のブログを更新中です!↓↓